最近のトラックバック

他のアカウント

twitter

2018年10月31日 (水)

東海第二原発運転延長反対請願採択報告会&鴨下祐也さん講演・DVD上映会

東海第二原発運転延長反対の請願が10月1日、西東京市議会で採択されました。東京都内では初めてのことでした。
これからも都内で採択が続くことを願い、運動でできたことを確認し、次のアクションにつなげていきたいと思います。
請願採択報告会と鴨下祐也さんの講演会・DVD上映を行いますので、お誘い合わせてご参加下さい!

日時:1月4日(日)13時30分~16時30分
場所:西東京市役所田無庁舎202・203会議室
報告会:請願提出団体
講師:鴨下祐也さん(福島原発被害東京訴訟原告団団長)
テーマ:「あなたも区域外被害者に!―東海第二原発が事故を起こしたら」
DVD上映:『終の住処を奪われて』『恐怖のカウントダウン』
参加費:300円
共催:原発はいらない西東京集会実行委員会/市民自治井戸端会議/原発なくそう西東京市民の会/下保谷・北町・栄9条の会/みんなのNO NUKES☆西東京/にしとうきょう市民放射能測定所あるびれお

201811042 201811041

2018年10月17日 (水)

2018.10.7 第26回「原発はいらない西東京集会&デモ」集会アピール

2018年10月7日第26回「原発はいらない西東京集会&デモ」には約70人の方にご参加いただきました。

当日の様子はこちら → https://youtu.be/cEYEtZaWtJM

集会で賛同をいただいた以下のアピールを首相官邸に送りました。
------------------------------------------------------------------------

原発はいらない西東京集会実行委員会は、10月7日、第26回原発はいらない西東京集会&デモを開催しました。

原発全廃まで、地域から『原発いらない』の意思表示を続けます。参加者50名の総意として以下のアピール文をお送りします。
第26回 原発はいらない西東京集会アピール
東京から最も近い原発、東海第二原発は来月27日に運転開始40年を迎える。
日本原子力発電は、昨年、この老朽原発の20年運転延長を申請。
これを審査した原子力規制委員会は、先月26日、新規制基準適合を決定した。
再稼働への道を開くこの決定に、私たちは強く抗議する。
そもそも老朽原発を動さねばならぬほど、電力事情は逼迫していない。
原発がなくても電気は十分足りている。
猛暑のこの夏でも、節電要請はなかった。
東海第二原発は老朽化でトラブル多発。炉心損傷確率は日本一高く、
電源盤は地下に設置され、地盤も軟弱など、危ない原発だ。
苛酷事故が起これば、30キロ圏96万人の避難は不可能。
3500万人が暮らす首都圏機能はマヒする。
私たちは、東海第二原発の運転延長に反対し、廃炉を求める。
西東京市議会は、10月1日、「東海第二原発の運転延長を行わないことを求める」
請願と意見書を、自民党を除く賛成多数で採択。都内では初となった。
市内6団体と1053人の署名が市議会を動かし、国へ意見が伝えられた。
茨城県、埼玉県、栃木県、千葉県、神奈川県等の市町村でも
運転延長に反対する意見書採択が続いている。
行政は、住民の安全を第一に考える責務がある。
国は、住民の意見・地方議会の意見を受止め、東海第二原発の運転延長を認めるな。
経営優先、事業者本位の原発政策を改めよ。
北海道胆振東部地震で全道停電、ブラックアウトが起きた。
泊原発は、外部電源を喪失し、非常用電源で冷却した。
震源から遠く、また運転停止中であったことから大事に至らなかったが、
最近大地震が続き、再稼働は危険だ。
広島高裁は、四国電力の保全異議を認め、伊方原発の運転差止仮処分決定を取り消した。
阿蘇山の噴火リスクを「社会通念上」問題なしとしたもので、根拠なく不当な判断だ。
今月27日にも運転再開と公表されたが、
伊方原発は最も活動的な活断層、中央構造線断層帯の間近でもあり、
再稼働は危険だ。
地震国日本に原発は危険すぎる。
原発はいらない。どこにもいらない。私たちは、福島で、日本中で、世界中で
「原発NO!」の意思表示を続ける運動と連帯し、行動する。
2018年10月7日  原発はいらない西東京集会参加者一同

2018年10月14日 (日)

講演会「老朽原発再稼働って本気?」-東京から最も近い東海第2原発-

東京から110㎞に立地する首都圏の原発が東海第2原発です。11月27日付けで運転期限の40年が経ち、このまま廃炉とするか、運転延長をするかの判断が迫られています。
原子力規制委員会は7月4日に東海第2原発が新規制基準に適合したとする「審査書案」を了承しました。
一方、古いタイプのケーブルの安全性や、地震や津波対策の甘さ、人口過密地帯での避難の難しさなど、さまざまな問題点も指摘されています。
30㎞圏内に96万人、さらに3500万人が住む首都圏で、老朽化した東海第2原発をもう20年間、はたして動かし続けていいものでしょうか。
これはまさに西東京市に住む私たち自身の問題です。
東海第2原発の現状を知り、なにが問題なのか、これからどうすべきなのか、共に考えてみましょう。
 
講演会:「老朽原発再稼働って本気?-東京から最も近い東海第2原発-」
      (2018年度西東京市公民館市民企画事業)
 
講 師:小川仙月さん(脱原発ネットワーク茨城 共同代表)
日 時:2018年10月21日(日)14時~16時30分 (受付13時30分~)
場 所:西東京市田無公民館  3階視聴覚室 (西武新宿線田無駅南口徒歩3分)
資料代:100円【予約不要】(直接会場にお越しください)
共 催:原発はいらない西東京集会実行委員会&西東京市公民館
 

 

2018年10月 2日 (火)

西東京市議会「東海第二原発の運転延長を行わないことを求める意見書」を可決!

既報のとおり、「東海第二原発の運転延長を行わないことを求める請願」が9月19日の西東京市議会企画総務委員会において採択されたことから、10月1日に開かれた2018年(平成30年)第3回定例会本会議において「東海第二原発の運転延長を行わないことを求める意見書」が自民党(6名)を除く全議員(18名・議長を除く)の賛成をもって可決されました。
 
東海第二原発の運転延長にかかる意見書の採択は東京都内では初めて(当会調べ)のことであり、また、自民党以外の全議員の賛成により可決されたことはとても大きな意義を持つものと考えます。
 
みなさんのお住まいの区市町村議会からも同様の意見書を国に送り、首都圏の老朽原発の廃炉を強く求めて行きましょう!
 
--------------------------------------------------------------------------
 
議員提出議案第14号
 
   東海第二原発の運転延長を行わないことを求める意見書
 
 上記の議案を会議規則第14条第1項の規定により提出する。
 
  平成30年9月26日
 
               提出者 西東京市議会議員 森   てるお
               賛成者 西東京市議会議員 佐 藤 公 男
                    西東京市議会議員 藤 岡 智 明
                    西東京市議会議員 山 崎 英 昭
                    西東京市議会議員 二 木 孝 之
                    西東京市議会議員 後 藤 ゆう子
                    西東京市議会議員 納 田 さおり
 
--------------------------------------------------------------------------
 
  東海第二原発の運転延長を行わないことを求める意見書
 
 2011年3月に起きた福島第一原発事故の原因はいまだに不明で、事故収束の目途は立たず、事故後既に7年以上を経過した現在もいまだ原子力緊急事態宣言は解除されていません。また、一昨年来、熊本、大阪、北海道と相次いで大地震が発生し、地震の活動期に入ったとも指摘されています。
 そのような中で、日本原子力発電株式会社は、昨年11月、東海第二原発について、法律で定められた原子力発電の運転期間40年制限を超えて、さらに20年の運転延長を原子力規制委員会に申請しました。東海第二原発は、3,500万人が暮らす首都圏に最も近い原発で、150キロメートル圏内には西東京市も入ります。福島第一原発事故のときは、約250キロメートル離れた西東京市も基準値を超える放射線量が検出されました。より近い東海第二原発で過酷事故が起これば、福島第一原発事故以上の被害をこうむることは明らかです。
 原子炉等規制法の「40年ルール」は、老朽化した原発の事故を防ぐためのルールです。11月末に運転40年となる東海第二原発は、住民の命と安全を守るために、このルールを厳格に適用することが必須です。
 
 よって、次の事項を強く求めます。
 
1 運転開始から40年を超える東海第二原発の運転延長を認めないこと。
2 東海第二原発の廃炉を事業者に求めること。
 
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。
 
 平成30年10月1日
 
西東京市議会議長 小 幡 勝 己
 
提出先 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、経済産業大臣、
      環境大臣、原子力規制委員会委員長
 
 
 

2018年9月14日 (金)

2018.10.7 第26回「原発はいらない西東京集会&デモ」開催!

2018年10月7日(日)14:00 西東京市田無庁舎玄関前 集合!

(西武新宿線田無駅南口下車 徒歩3分、西東京市役所田無庁舎)

第26回「原発はいらない西東京集会&デモ」にお集まりください

首都圏から最も近い東海第二原発(日本原電)は11月に運転40年となる老朽原発ですが、更に20年運転延長が目論まれています。

福島第一原発事故は収束しておらず、事故後7年を経てもなお「原子力緊急事態宣言」が解除されない状況を度外視するかのようです。

今夏の猛暑でも原発なしで電力は足りていました。危険な老朽原発を再稼働する必要はありません。

ご一緒に『原発はいらな~い!』と声に出してみましょう。

2018年10月7日(日)

14:00~ 集会 西東京市田無庁舎市民広場 (南町)

14:30~ デモ 市民広場~市役所通り~武蔵境通り~踏切~青梅街道~谷戸新道~西東京いこいの森公園(谷戸町)

15:30~16:30 ミニライブ 西東京いこいの森公園(谷戸町)

出演 TOMASA しゅうやん

デモコースの地図→地図

ぜひ、お誘い合わせてご参加ください☆

主催:原発はいらない西東京集会実行委員会

お問合せ先
柳田 TEL&FAX 042-461-3246 / 阿部 TEL 042-424-3410 (夜間)
メール nonuke-ntyo@nifty.com twitter:http://twitter.com/nonuke_ntyo/

 デモのチラシ  [PDF]

★印刷してご近所、お友だちなどにもお知らせください★

Demo261

Demo262

2018年9月 6日 (木)

「東海第二原発の運転延長を行わないことを求める請願」に賛同署名を!

8月27日、東海第二原発の運転延長に反対し、廃炉を求める請願を当会を含む市内6団体で西東京市議会に提出しました。
緊急署名にご協力ください!

【追記(9月7日)】
9月7日(金)本請願が付託された企画総務委員会では市長提案の議案審議のみで終
了。
市民の請願・陳情の審査は時間切れで行われず、すべて継続審査となりました。
9月議会での採決は行われないため、署名集約締切りとした9月17日以降も引き続き署名活動を続けます。

【追記(9月19日)】
継続審査となったことから、次回12月の議会まで持ち越しになるとみられましたが、追加日程として、本日、企画総務委員会が開催され、本請願の審議が行われました。

冒頭、請願署名数が9月6日223筆、9月18日735筆、合計958筆提出されたことが報告され、紹介議員(森てるお議員)に対する質疑を経た後に採決が行われました。
たきしま喜重(みらい)、納田さおり(無所属)、佐藤公男(公明)、保谷清子(共産)の各議員が賛成、稲垣裕二、浅野高司、遠藤源太郎(いずれも自民)各議員が反対となり、賛成4、反対3で委員会採択されました。
その後、請願は国に意見書提出を求めているので、議員提出議案として国に提出することを決め閉会。会派構成からみて10月1日の本会議でも採択されることがほぼ確実となりました。
 
-------------------------------------------------------------------------
 
東海第二原発の運転延長を行わないことを求める請願
 
【請願事項】
住民の安全を守るために、運転開始から40年を超える東海第二原発の運転延長を認めず、廃炉にすること。
 
【請願趣旨】
2011年3月に起きた福島第一原発事故の原因はいまだに不明で、事故収束の目途は立たず、事故後すでに7年以上を経過した現在も未だ「原子力緊急事態宣言」は解除されていません。そのような中で、日本原子力発電株式会社は、昨年11月、東海第二原発について、法律で定められた原子力発電の運転期間40年制限を超えて、さらに20年の運転延長を原子力規制委員会に申請しました。東海第二原発は、首都圏に最も近い原発で、150㎞圏内には西東京市も入ります。福島第一原発事故の時は、約250km離れた西東京市も放射性物質で汚染されました。より近い東海第二原発で苛酷事故が起これば、福島第一原発事故以上の被害を蒙ることは明らかです。
原子炉等規制法の「40年ルール」は、老朽化した原発の事故を防ぐための最低のルールです。住民の安全を守るために、当初のルール通りに東海第二原発の運転延長を認めず、廃炉にする意見書を国に提出することを求めます。

【請願団体】
原発はいらない西東京集会実行委員会
市民自治井戸端会議
原発なくそう西東京市民の会
下保谷・北町・栄9条の会
みんなのNO NUKES☆西東京
にしとうきょう市民放射能測定所あるびれお
-------------------------------------------------------------------------

東海第二廃炉請願署名用紙(PDF)

東海第二廃炉請願チラシ(PDF)

2018年6月 5日 (火)

講演会:「原発事故後のフクシマを撮り続けて7年~記憶と記録を語る~」

原発はいらない西東京集会実行委員会より豊田直巳さんの講演会と写真展のお知らせです。お誘い合わせてお越しください。
豊田さんはイラク・パレスチナ・チェルノブイリ等の現地取材をされ、2011年福島第一原発事故の時は、翌日に現地入り。
以来フクシマの取材活動を続けていらっしゃいます。
現地が抱える問題について、共に考えたいと思います。


講演会:「原発事故後のフクシマを撮り続けて7年~記憶と記録を語る~」
      (西東京市公民館市民企画事業)
講 師:豊田直巳さん(フォトジャーナリスト)
日 時:2018年6月24日(日)14時~16時30分
場 所:西東京市柳沢公民館  視聴覚室 (西武新宿線西武柳沢駅南口徒歩1分)
資料代:100円【予約不要】
共 催:原発はいらない西東京集会実行委員会&西東京市公民館
**********************************************
 
パネル展:「奪われし フクシマ」
     豊田直巳さんの写真展「叫びと囁き~フクシマ・7年間の記録と記憶~」と資料展示
日 時:2018年6月18日(月)~24日(日)9時~22時
    (初日13時から最終日17時まで)
場 所:西東京市柳沢公民館 ロビー
主 催:原発はいらない西東京集会実行委員会
入場料:無料【ロビー展示・開催期間中出入り自由】
連絡先:柳田 ☎042-461-3246
詳しくは チラシをご覧ください (PDF)

1806241

1806242

1806183

2018年5月24日 (木)

2018.5.27「アースデイフェア in 西東京」に出展します!

2018年5月27日に「アースデイフェア in 西東京」が 西東京いこいの森公園 で開催されます。
約30団体の出展団体のうち「みんなのNO NUKES☆西東京」ブース内で当会は

買って連帯!食べて連帯!」をテーマに
・反核手拭い・バンダナほか <粋な原発いらない意思表示グッズ
・東電柏崎刈羽原発再稼働に反対! <米どころ新潟県のお米
を販売いたします。

また「みんなのNO NUKES☆西東京」では
・中国電力上関原発建設に反対! 山口県<祝島の物産> (ひじき・わかめなど)

・九州電力川内・玄海原発再稼働に反対! 熊本県天草の<だるま放牧豚のホットドッグ> 

を販売します。
物販ブースと並び、工作教室、絵本の読み聞かせなど、子どもたちが楽しめるコーナーもあります。是非おこしくださいね!

ひにち:2018年5月27日(日)10時~15時
ばしょ:西東京いこいの森公園

※駐車場がありませんのでお車での来場はできません。


E2018

※西東京市主催「環境フェスティバル」と同時開催です。

○紹介されているイベント情報

 Yahoo!ニュース(北多摩経済新聞)

 2018アースデイフェアin西東京(ゆめこらぼ)
 

2018.5.20 第25回「原発はいらない西東京集会&デモ」集会アピール

2018年5月20日第25回「原発はいらない西東京集会&デモ」には約40人の方にご参加いただきました。
集会で賛同をいただいた以下のアピールを首相官邸に送りました。
------------------------------------------------------------------------
原発はいらない西東京集会実行委員会は、5月20日、
第25回原発はいらない西東京集会&デモを開催しました。
原発全廃まで、地域から『原発いらない』の意思表示を続けます。
参加者30名の総意として以下のアピール文をお送りします。
 
第25回 原発はいらない西東京集会アピール
2011年の福島第一原発事故から7年を超え、8年目を迎えた。
今なお事故は収束せず、「原子力緊急事態宣言」は解除されていない。
事故避難者は5万人を超える。
放射能汚染が続く土地への帰還誘導政策は許しがたい。
 
国の新しいエネルギー基本計画案は、
相変わらず原発を重要なベースロード電源と位置づけたままで後ろ向きだ。
原発固執で核技術の保有・維持を図ろうとするのは愚策だ。
福島原発事故の苛酷さ・甚大さを直視すれば、
原発はゼロとし、再生可能エネルギーの比率を高めるのが賢明だ。
私たちは、エネルギー政策の転換を求める。
 
原発がなくても電気は足りている。だが、電力業界は目先の利益を優先し、
九州電力、四国電力、関西電力が原発を再稼働させた。
8基が動いている。経済優先の再稼働に反対する。
運転中の川内原発、玄海原発、高浜原発、大飯原発は直ちに停止せよ。
 
東京電力は、柏崎刈羽原発の再稼働を目論んでいる。
福島原発事故の後始末も先が見えないのに、とんでもない。
また、日本原子力発電の東海第二原発への資金援助も呆れた話だ。
11月に運転開始40年を迎えるこの老朽原発の20年延長運転を目論む原電は、
再稼働の資金繰りに窮し、東京電力と東北電力の援助を取り付けた。
しかし、東電は、福島原発事故の賠償に税金が注ぎ込まれているのだ。
原電への資金援助など止めるべきだ。
東京から最も近い原発、東海第二原発の再稼働に反対する。
 
福島第一原発事故避難者の集団訴訟では原告勝訴の判決が続く。
3月15日、5件目。京都地裁は避難指示区域外避難者にも、国と東電に賠償を命じた。
3月16日、6件目。東京地裁も区域外避難者に、国と東電に賠償を命じた。
3月22日、7件目。福島地裁いわき支部も東電に賠償を命じた。
賠償額は低すぎるが、原告勝訴の流れは加速されるだろう。
 
福島原発事故責任を問う刑事裁判は、第11回公判まで進んでいる。
津波対策は不可避であったにもかかわらず、東電が怠った事実や
国の関与等が次々に暴かれている。引き続き注視していこう。
公正な裁判が行われるよう応援していこう。
 
原発はいらない。どこにもいらない。私たちは、福島で、日本中で、世界中で
「原発NO!」の意思表示を続ける運動と連帯し、行動する。
2018年5月20日  原発はいらない西東京集会参加者一同

2018年5月 1日 (火)

2018.5.20 第25回「原発はいらない西東京集会&デモ」開催!

2018年5月20日(日)14:00 西東京市あらやしき公園 集合!

(西武池袋線保谷駅北口より徒歩3分)

第25回「原発はいらない西東京集会&デモ」にお集まりください!

福島第一原発事故から8 年目に入りました。いまだに放射能性物質の放出は続き、「原子力緊急事態宣言」は解除されていません。原発事故で避難を余儀なくされた人々が裁判で闘っています。東電に賠償命令を下す判決が続いていますが、原発事故による生活基盤の崩壊はあってはならぬことなのです。国も責任ありです。

街に出てご一緒に『原発はいらな~い!』と声に出しましょう。


2018年5月20日(日)

14:00~ 集会 西東京市あらやしき公園

14:30~ デモ あらやしき公園~都道25号線~保谷志木線~踏切~市道112号線~パルコ西・ひばりが丘図書館前~ひばりが丘公園

15:30~16:00 交流 西東京市ひばりが丘公園

デモコースの地図→ 地図 

ぜひ、お誘い合わせてご参加ください☆

主催:原発はいらない西東京集会実行委員会

お問合せ先
柳田 TEL&FAX 042-461-3246 / 阿部 TEL 042-424-3410 (夜間)
メール nonuke-ntyo@nifty.com twitter:http://twitter.com/nonuke_ntyo/

 デモのチラシ(表)   デモのチラシ(裏) (PDF)

★印刷してご近所、お友だちなどにもお知らせください★

 

«映画会「福島 生きものの記録 シリーズ3〜拡散〜 シリーズ4〜生命〜」上映会

フォト

リンク集

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ